開発日誌 2009〜
○2016.9.15
[Rensa]ver3.30において一部ミスがありましたのでパッチファイルを作りました。
[Rensa]のページに置いてありますので、ご利用ください。
細かなミスがまだあるかもしれませんので、できうるかぎり解消しましたら各DLサイトさんに更新申請いたします。
申し訳ありません。


○2016.9.12
久々の更新は[Rensa]です。
何を思ったか、以前より気になっていた修正箇所を唐突に直しました。
技術的に無理だと思っていたものが、あっさりできてしまい自分で驚きです。
バージョンを3.30にあげてエンディングへのチャートなども追加してみました。
もう8年以上前の作品ですが、遊んでいただければ幸いです。


○2014.12.15
なんということか、4年ぶりの書き込みとなりました。
しかも「荒磯の巌」初ゲームの移植版、「EARTH-e for プチコン」の紹介というのが感慨深いです。
ニンテンドー3DSとプチコン3号が必須の環境ですが、遊んでいただければ幸いです。


○2010.10.25
この開発日誌を書くのもほぼ半年ぶりになってしまいました。
前回、脳内企画中だった仮タイトル(En)を>Kousa<という名前で製作中です。
フリー版にあたる部分が全体のテストプレイを残すのみとなったので、とりあえずHPを作ってみました。
発表ばかり早くて申し訳ありませんが、肝心の本編は完全版が上がってから公開となります。
>Kousa<は[Rensa]とは違い、基本明るいノベルです。
エンディングも各キャラ一種類しかありません。
気楽に楽しんでいただければいいな、と思います。
まだしばらくお待たせすることになりますが、ブログのほうには進行具合をたびたび書いていきますので、そちらもご覧ください。


○2010.5.2
企画段階
※脳内企画中


○2010.2.13
長らくお待たせしました。
「星宮すていたす・神経衰弱」公開です!
「荒磯の巌」初のボイス入りゲームです。
外部の方に依頼するのは初めてで、たくさん迷惑をかけてしまいました。
ですが、がんばってくださったお二人の声優さんおかげで、楽しいゲームになったと思います。
元気で可愛いピオンを演じてくださいました桜 音恋さま、キャサリーの難しいキャラ設定をこなしてくださいました古森彩葉さま、本当にありがとうございました。
あとはプレイヤーの皆様が少しでも楽しんでいただければ幸いです。


○2010.2.6
「星宮すていたす・神経衰弱」のピオン/キャサリーともにほぼ音声データを組み込み終了しました。
声優のお二方には、リテイクを出すご迷惑をかけてしまい、申し訳ないです。
楽しみにしてくださっている方もいらっしゃる(といいなぁ)かと思いますが、もうしばらくだけお待ちください。
それと、ご協力いただいたお二方にさらなる迷惑がかからないように、ここにあらかじめ書かせていただきます。
ゲーム中で必ずカードを的中させる必殺技「アンタレス」「アクベンス」は、わたしの判断でイントネーションを決定しています。
実際の発音をヒアリングしたりもしましたが、あくまでこちらの趣味で指示をしました。
なので、「発音がおかしい」等のツッコミは広科宛てによろしくお願いいたします。
ちなみにピオンの「アンタレス」は、「聖闘士星矢」のミロ(CV:池田秀一)を参考にしています。
当時、スカーレットニードルの地味さが同じ蠍座としてガッカリでした(獅子座が羨ましかったです)。


○2010.1.31
来ました。
ついに届きました、ピオンの声が。
桜 音恋さんの可愛らしい声が、神経衰弱でもっとも大切な集中力を砕いてくれます。
ですが申し訳ないことに、こちらの指示不足でリテイクを出すハメになってしまい、桜さんに大迷惑をかけています。
すみませんすみませんすみません。
リテイク分が届きしだい、「星宮すていたす神経衰弱Ver0.51」をあげるつもりです。
もうしばらくだけお待ちください。


○2010.1.7
「星宮すていたす・神経衰弱」の情報(スクリンショット)を追加しました。
ブログのほうには書いてありますが、現在、外部データ待ちのために時間が空いており、当初の計画通りキャラクターの追加作業をしております。
今回追加したのは蟹座の星霊キャサリーです。
まだ画像データは半分と言ったところですが、試しに組み込んでみました。
キャラクター(性格)も初期から少し変更して、なかなかに可愛いカンジになっています。
キャサリーが上がる前に外部データが届きましたら、まずはピオンだけのバージョンを公開し、そのあとなるべく早くキャサリーも入れたバージョンを出したいと思います。


○2009.12.29
「星宮すていたす・神経衰弱」のページを作ってみました。
ゲームはもう遊べる形にはなっているのですが、追加したい要素がありまして、もう少しお待たせすることになると思います。


○2009.12.18
またもトップ絵更新のみです。
今、なんとなくで作っているゲーム「星宮すていたす・神経衰弱」のタイトルが上がったので載せてみました。
ヤッツケ感満載ですが、いつものことなので……
タイトルどおりタダの神経衰弱です。
ブログのほうで何度か紹介していますので興味がありましたら覗いてみてください。
このゲームはあくまで個人的趣味で作ったものでしてサークル「荒磯の巌」とは無関係なのですが、個人HPはすでにパンク間近でして、置く場所がなくなりそうなのでこちらで紹介すると思います。
とりあえず1キャラ完成したらβ版としてフリーで公開予定です。


○2009.11.4
2009.8.29に続き、トップ絵の更新のみです。
このところゲーム製作はまるで手をつけておらず、HPの更新もまともにできない有様です。
このような状況がもうしばらく続くと思います。
かわりにもなりませんが、突発的に思いついた[Rensa]の短編小説を書きましたので、ブログのほうで数回にわたって掲載する予定です。
[Rensa]ver3.00以上の「日ノ瀬和美・つながり」エンドをご覧でない方はネタバレになってしまいますが、よろしければ読んでみてください。


○2009.7.5
初音ミク-ProjectDIVA-用データ「ポルのテーマ」を作ってみました。
歌部分は本家ボーカロイド・初音ミクの体験版で作った物ですが、予想以上に綺麗に歌ってくれたので製品を買いました。
[Rensa]のエンディングも歌ってくれていますが、声質が合わないのでゲームのオマケにしか使っていませんが。
今回はそれに振り付けとゲームがつきます。
自分なりに「いいなぁ」と思える形にはなりました。
次は専用の歌でも作ってみようかなと思っていたりしますが、音楽感性がほとんどないので、ニコニコにアップしているような方たちと比べられても困るのでひっそりとやっていきます。
とりあえずは物は試しで遊んでみてください。
○×のみ、しかもメロディーラインに乗せてるだけなので楽勝だと思います。


○2009.6.18
「荒磯の巌」の管理人・広科が今さらのようにブログなるものをはじめました。
もちろん人間が小さいので、ごく小市民的な日記程度のものですが。
広科はここ以外にもHPを持っていまして、リンクにあります「WANDERERS STREET」がそれです。
そちらは個人製作物を扱っているHPなんですが、「荒磯の巌」とかぶっているところもいくつかあります。
どちらのHPも内容を更新したときのみ「更新日誌」を書いてはいるのですが、もう少し雑談的な話もいろいろと書いていきたいと思いましてブログをはじめました。
なので、今後は住み分けをきちんとしたいと考えています。
こちらの掲示板はあくまで製作したゲームやHPへの閲覧者さんからの書き込みに対する応答に限定し、開発記録もサイト内に関係するものだけを扱うようにします(たぶん何の書き込みもないまま機能停止するでしょう(^^;)。
その他、広科の個人的な雑談は「荒磯の巌」「WANDERERS STREET」「[Rensa]の窓辺」をひっくるめて、すべてブログのほうで行います。
ちなみにブログの「とどぼん」は、広科のハンドルネームです。
製作時と個人的なやりとりとで使い分けています。
このへんもブログの初期で書いておこうと思っています。
お暇なとき、覗いてみてください。


○2009.6.12
「荒磯の巌」では初のフリーゲーム、「穂摘'nアチョー」を公開しました。
といっても、ver0.50と完成版(というか脳内構想版)にもなっていないものですが。
BGMも「The Tower of Zells」からの借り物でして、やっつけ感満載です。
が、モノは試しで遊んでいただければ、それなりに楽しんでいただけるかと思います。
このゲームの狙いは「単純アクションでストレス解消、コンボ数を競って遊びましょう」なので目的は果たせました。
ヤンデルアサにイラつきながら遊んでみてください。
ちなみに紹介ページの画像に出ていますハイスコアと最大コンボ数はインチキなしの作者の記録です。
運の要素が激しく絡みますが狙ってみてください。
300超えると気分はかなりハイになれます(たぶん)。
今後このゲームについて語ることはおそらくないと思いますので、裏話を一つ。
今回の敵キャラは二種類しかいませんが、脳内ではあといくつかありました。
西洋甲冑とエ○スカリバーを装備した「アーサー」とか、暗殺者スタイルの「コード・アサ」とか、天井から落ちてくる「ヘビ女」、さらにボスキャラ「キング・アーサー」は画面半分を占めており地面を叩き割る攻撃をしてくるとか、ワクワクしたものです。
……すみません、根性なくて。
そしてこれを作ってる途中、いっそのこと各作品から1キャラ出してスマブラのようなものを作るか?とも考えました。
考えただけです……
そんなワクワク感の溢れた作品の欠片、「穂摘'nアチョー」をお楽しみください。
このゲームで穂摘と朝について気になりましたら、本編[Rensa]も遊んでいただければ嬉しいです。
シェア版[Rensa]と[Rensa]-if-の穂摘は自分でもけっこういいキャラになってると思います。
気に入っていただけたら幸いです。


○2009.6.6
ちまたではコミケの当落で一喜一憂している季節になりましたが、「荒磯の巌」は今回も申し込みすらしていません。
いろいろと考えるところもあり、今回も見送りました。
昨年夏の[Rensa]頒布のときに、あまりのダメさに少々ヘコみまして、あの再来が怖いのも否定しません(^^;
ですがその後のDL販売も含めまして、ごく少数ですがプレイしていただいた方々には概ね好評でして、一番売れなかったにも関わらず一番多く感想をもらえました。
もちろんはっきりダメという方もいましたが、感想まで送ってくださったのはそれなりに何かを感じてくださったからでしょうし、なんにせよ反響があるというのは嬉しいものでした。
そんなわけで調子にのって今もセコセコと製作活動をしていますが、それでもイベントに参加する気持ちにはなかなかなれません。
自分でもはっきりと作品の質が問題であるとわかっているので、満足いく物ができたときに改めてイベント参加してみようかなと思います。
次回作は掲示板にちょっとだけ画像を貼り付けたアクションゲームです。
これはちょっとしたお遊びゲームなので、フリーで公開します。
暇なときにストレス解消に遊んでみる、そんなコンセプトの作品です。
タイトルの「穂摘'nアチョー」は、かなたのゲームタイトルのパクリです。
わかった方はレトロでマイナーなゲーマーさんだと思います。
それでは、今月中にはアップする予定なのでもうしばらく気長にお待ちください。
ただし、NDSの「無限航路」が面白すぎたら延期になるかもしれません……


○2009.5.24
[Rensa]-if-ver1.50をDLsiteさん、メロンブックス.comさんに変更申請しました。
今週中にはver1.50が販売されると思います。
元は[Rensa]の1シナリオのアフターストーリーだったものが、気がつけば長編なみになってました。
といってもマルチエンドなので一本一本はそう長くはないのですが。
ですがパターンは多種多様なので、ハッピーもあればウツもありと、前作なみにいろいろとそろえました。
特に有生編は波乱万丈です。
ver1.00の販売からすでに四ヶ月以上が経過していますので今さら隠すつもりはありませんが、主人公は3+1名。
視点を変えてプレイすると裏話が出るのは当然ですが、独自エンドもありますのでお楽しみください。
また、前作のパスワードが必要なシナリオは、『どうしてもこれは』という1本だけにして、残りは解放しました。
それとver1.00のセーブデータは使用できなくなりますので、初めから二周目スタートが選択できるようにもしてあります。
セーブも40箇所可能なので全選択肢をセーブしても足りるはずです。
何はともあれ終わりました。
[Rensa]-if-、これにて終幕です!(……たぶん)


○2009.5.13
下の日誌にもありますが、今さら[Rensa]-if-を更新しています。
現在、追加CGのほうは終了していまして、シナリオ面での追加をしています。
なんだかんだでエピローグのエピローグを書いてました。
その他にも追加しておくべきストーリーがありますので、これから作業に入ります。
この追加作業で、当初ver1.01の予定だったのが一気にver1.50くらいまで上がりそうです。


○2009.4.19
ガ○プラどころじゃありませんでした。
1月からこのかた、忙殺されてまして、最近ようやく時間がとれるようになってきました。
そこでたまりまくったゲーム製作に戻るつもりだったのですが、[Rensa]-if-のほうで不満不足が出てきまして、また逆戻りしているしだいです。
具体的にはCGの追加です。
開発中画面を[Rensa]の窓辺のほうにアップしていますので、18歳以上で興味がありましたら覗いてみてください。
ver1.01なので、シナリオ的には追加予定はありませんが、気が向いたらまたエンディングを増やすかもしれません。
現在のver1.00で4キャラ20種類あるのでもういいとは思うのですが、表題とおり「if」の物語なので、「もしここでこういうことが起きていたら……」という発想が浮かべば追加するつもりです。
とりあえずはそんな感じで追加作業に勤しもうかと思います。


○2009.1.12
[Rensa]-if-が完成しました。
本日、さっそくメロンブックスさんとDLsiteさんにダウンロード販売の申請をしました。
早ければ今週末にも販売されると思います。
価格は、メロンさん735円、DLsiteさん840円です。
やはり手数料の関係でメロンさんのほうが安くなっています。
改めて言う必要もないかもしれませんが、-if-は本編[Rensa]のその後の物語です。
なので前作をプレイしていないと、面白くないと思います。
今作だけで楽しめる表現や工夫もほとんどしておりませんので、できれば本編もプレイしていただければと思います。
アフターストーリとはいえ、シナリオだけはみっちり書きました。
1月3日の日誌にもありますが、やり残しというのがシナリオ面でありまして、とにかく浮かんだものすべてを文章にしています。
もう書き残しはありません(たぶん)。
いわゆるアダルトゲームとして期待されると困ってしまいますが、それを抜きにしても楽しめるとは思いますので遊んでもらえたら嬉しいです。
もちろん(?)、[Rensa]特有の鬱さも少しだけ入ってます(笑)。
とにもかくにも、ようやく、ようやく終わりました!
結局、一年間超、[Rensa]漬けでした。
気まぐれではじめた個人企画でここまで引っぱるとは思っていませんでした。
次は何も考えずに遊べるシューティング、EARTHeの続編を作るつもりです。
あと、個人で製作中の「ADEPなんとか2」いうノベルゲームも残っています。
まだまだやりたいことはたくさんありますが、しばらくはガ○プラでも作ってリフレッシュしたいと思います。
販売がはじまるまでしばし休憩です。


○2009.1.9
[Rensa]専用のHPを公開いたしました。
今までの告知どおり本作は18禁となりますので、こちらのHPでは紹介しておりません。
専用のHPを作りましたので、そちらでご確認ください。
[Rensa]-if-は、その作品性のためにHPはおろかゲーム自体も闇にまぎれるおそれがありましたが、いろいろと吹っ切れて(笑)ここまでこぎつけました。
感想をメールで送ってくださった方、アンケートにお答えくださった方、HPで応援や宣伝までしてくださった方があってこそ、[Rensa]-if-は陽の目を見ることができました。
本当にありがとうございます。
ゲーム本編は、完成まであと少しだけかかりますが、一月中にはダウンロード販売できると思います。
前半の触り部分のみになりますが、体験版もアップいたしますので、興味がありましたら遊んでみてください。
[Rensa]関連はこれで本当に終わりとなりますが、次回作もいろいろと考えていますのでよろしくお願いいたします。


○2009.1.3
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いしたします。
――という、あいさつの後、いきなりゴメンなさい。
前回更新時にお知らせしました[Rensa]-if-の完成のお話ですが、やり残しを感じたので現在追加作業中です。
それでも一月中には仕上げるつもりでいますので、もうしばらくお待ちください。
また、[Rensa]専用HPも現在準備中です。
今回は18禁なので、別の場所で公開することになりました。
その際、お世話になった方がいまして、もう何というか感謝のしようもありません。
この場でお礼申し上げます。
なお、予定価格はメロンさんでは700円前後、DLsiteさんでは800円前後にするつもりです。
「高いよ!」とツッコミたい方がいましたら、遠慮せずにツッコンでください。
では!